0120-15-1177
営業時間:
9:00~20:00
定休日:
無休

関西の空き家買取TOP > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のスタッフブログ記事一覧 > 住みながら家を売却するメリット・デメリットと内覧成功のコツ

住みながら家を売却するメリット・デメリットと内覧成功のコツ

≪ 前へ|任意売却が増加傾向にある理由とは?任意売却件数の推移とタイミングを解説   記事一覧   家を売却するなら机上査定を依頼しよう!特徴とメリットもご紹介|次へ ≫

住みながら家を売却するメリット・デメリットと内覧成功のコツ

家を売却する際、住みながら売り出すケースもめずらしくありません。
居住中の住まいを売る場合はさまざまなメリットがある反面、デメリットや注意点にも着目することが大切です。
では具体的にどのようなことに留意すればいいのでしょうか?
この記事では家の売却をテーマに、住みながら売るメリットとデメリット、内覧のコツをお伝えします。
手放したい家をお持ちの人は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

家に住みながら売却するメリット

家に住みながら売却するメリット

まずは家に住みながら売却するメリットをみていきましょう。

いつでも内覧に対応できる

まず1つ目のメリットとして、いつでも内覧に対応できるという点が挙げられます。
別の場所に引っ越したあとに売り出す場合、内覧のたびに現地へ足を運び、準備しなければなりません。
しかし住みながら売却活動をおこなえば、いつでも内覧に備えることが可能です。
慌てて現地にいく必要もありませんし、急に「物件を見学したい」というお客さんが現れたときも安心できます。

ゆっくり売却活動できる

希望金額で売れるまで、ゆっくり売却活動できるのも大きなメリットです。
住み替えで先に新居を購入する買い先行の場合、引き渡し後に新しい家の住宅ローンがはじまります。
一般的には引っ越し後に売り出すので、2重で住居費を支払うことになるのがデメリットです。
毎月のコストを軽減させるためには早く旧居を売る必要があり、積極的な売却活動をおこなわなくてはなりません。
しかし住みながらであれば新居の費用がかからないので、あせることなくゆっくり売却できます。

引っ越し後の生活をイメージしてもらえる

住みながらの場合、一般的に家具や家電、インテリアがある状態で内覧をおこないます。
そのため内覧者に引っ越し後の生活をイメージしてもらいやすいのがメリットです。
家具が何もないガランとした空き家の場合、家具の配置位置などがわかりにくく、どのような住まいになるか把握しにくいかと思います。
最近は中古住宅を売る際、購買意欲を引き出すためにホームステージングというサービスを利用する人が増えてきました。
ホームステージングとは家具やインテリアで部屋をデコレーションし、モデルハウスのように演出することです。
家具やインテリアがある家のほうが引っ越し後の暮らしをイメージしやすく、早期の売却も夢ではないでしょう。

内覧者と売り主が直接話せる

内覧者と売り主が直接話せ、家の魅力を細かく伝えられるのもメリットです。
空き家を売却する場合、売り主の都合によっては内覧に立ち会えないこともあります。
そのときは仲介業者のスタッフが対応するのですが、内覧者と売り主、お互いの顔を知らないまま終わってしまうかもしれません。
売り主と直接話せば内覧者は安心できますし、住んでいるからこそわかる魅力やデメリットを細かく伝えられ、お互いにメリットが生じるでしょう。

住みながら家を売却するデメリットや注意点

住みながら家を売却するデメリットや注意点

つぎに住みながら家を売却するデメリットや注意点をみていきます。

細かいところまでみてもらえない可能性がある

1つ目のデメリットは、細かいところまでみてもらえない可能性があるという点です。
居住中かつ売り主がいる状態での内覧は、遠慮して隅々まで見学できず、敬遠されがちです。
バスルームやクローゼット、寝室といったプライベートな場所はチェックしにくいので、内覧者が気を使ってしまい成約に至らないケースがあります。
内覧者の性格にもよりますが、空き家の状態と比べて細かいところまでみてもらいにくいのがデメリットです。

生活感が出やすい

デメリットとして、生活感が出やすい点も挙げられます。
住みながらの場合、普段過ごしている空間をみられるということなので、生活感を隠すのはむずかしいかもしれません。
家具や家電、インテリアがあることで生活イメージがふくらみやすいのがメリットですが、裏を返せばデメリットにもなり得るということです。
洗剤やティッシュ、タオルなどの生活用品も基本的にそのままなので、どうしても生活感が生まれてしまいます。
どのように感じるかは人それぞれですが、マイナスポイントにならないよう、室内を整えておくのがポイントです。

週末や祝日は予定を空けておく必要がある

住みながら売る場合、週末は予定を空けておく必要があるのもデメリットです。
内覧は土曜日や日曜日、祝日に集中するので出かける予定を立てにくくなります。
不動産の売却は、売り出し期間を決め「この日までには売る」という目標を決めるのが一般的です。
その期間の週末や祝日はなるべく予定を空けておき、成約を逃さないよう急な内覧予約に備えておきます。
週末は外出したいですが、内覧に来る=その家に興味があるということなので、売り出し期間中は内覧対応を優先させましょう。

当日は掃除が必要

当日は掃除が必要な点もデメリットの1つです。
生活感があってもきちんと掃除がされ、整理整頓されていれば見た目の印象が大きく変わります。
しかしなかには「毎回大掛かりな掃除はできない」「掃除や片付けが苦手」という人もいるでしょう。
清潔な印象を与えることが大切なので、どうしても無理な場合は、清潔感や劣化が目立ちやすい水回りや、玄関を掃除しておくのがおすすめです。

住みながら家を売却につなげるための内覧の対策やコツ

住みながら家を売却につなげるための内覧の対策やコツ

最後に住みながら家を売却につなげるために実践したい、内覧の対策やコツをみていきます。
一般的に居住中のマンションは空き家より内覧が少なく、成約率も下がるといわれています。
そのため早く売るためには、対策やコツをおさえ、不安要素を1つでも取りのぞいておくのがポイントです。

換気や臭い対策をおこなう

内覧を成功させるための対策としてまず挙げられるのが、換気や臭い対策です。
約束の数時間前には窓やドアなどの開口部を開け、家の空気を入れかえてください。
ただしペットを飼っている場合、換気だけでは不十分なこともあります。
飼い主は臭いに気づきにくいですが、飼っていない人にとっては不快臭になる可能性があるので、消臭剤などを利用するのがおすすめです。
喫煙者がいる場合、壁や天井に臭いが染みついていることがあるため、余裕があればハウスクリーニングを実施するといいでしょう。

お客さまとしておもてなしする

早期の売却につなげるためには、内覧者をお客さまとしてもてなす気持ちを持つことが大切です。
新しいスリッパを用意したり、お茶を出したりして丁寧な対応を心がけてください。
またすべての居室の空調を付け、快適な環境で内覧してもらうのも大きなポイントです。
夏は冷房を、冬は暖房を数時間前から動かし、過ごしやすい室温にしておきます。
どのような人が売り主なのか、内覧者にとっては購入するか否かのポイントになるので、良い印象を持ってもらえるよう努めてください。

内覧中は別の部屋で待機する

内覧者を出迎えたあとは、家の紹介を簡単におこない、そのあとは別の部屋で待機しておきます。
内覧は値引きの交渉など、売り主のまえでは聞きにくいことを相談する場でもあるからです。
そのため最初と最後だけ立ち合い、あとは別の部屋にいるか外で待機しておくのがおすすめです。
ただし内覧者から質問があるかもしれないので、なるべく近くにいるようにしましょう。

まとめ

この記事では家に住みながら売却活動するメリットやデメリット、内覧の対策やコツをお伝えしました。
空き家に比べて生活感が出やすく、注意すべき点もありますが、適切な対策を講じることで早期の売却が見込めます。
今回ご紹介した内容を参考にしていただき、住みながらの売却をぜひ成功させてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|任意売却が増加傾向にある理由とは?任意売却件数の推移とタイミングを解説   記事一覧   家を売却するなら机上査定を依頼しよう!特徴とメリットもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

西山 紘平 最新記事



西山 紘平

お客様ひとりひとりに寄り添えるような、親身な接客を心がけています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

無料査定・売却に関するご相談はこちらから