0120-15-1177
営業時間:
9:00~20:00
定休日:
無休

関西の空き家買取TOP > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のスタッフブログ記事一覧 > コロナ禍で物件売却前にリフォームするメリットとデメリットは?費用や売却方法を解説

コロナ禍で物件売却前にリフォームするメリットとデメリットは?費用や売却方法を解説

≪ 前へ|事故物件を売却するにはリフォームが必要?リフォーム費用について解説   記事一覧   不動産を遺産分割する4つの方法を解説!調停へ進んだらどうなる?|次へ ≫

コロナ禍で物件売却前にリフォームするメリットとデメリットは?費用や売却方法を解説

世界的に広がった新型コロナウイルスの影響により、生活様式は一変しました。
そのため、物件売却の際にも在宅勤務などを意識したリフォームをしてからのほうが良いのではないかと考える方も多いでしょう。
しかし実際はコロナ禍でもリフォーム市場への影響は少ないのが現状です。
この記事では、コロナ禍とその後において物件売却前のリフォームをするメリットとデメリット、また、リフォームにかかる費用や、リフォームなしに売る方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

コロナ禍で物件売却前にリフォームするメリットとデメリット

コロナ禍で物件売却前にリフォームするメリットとデメリット

世界に新型コロナウイルスが蔓延してから、物件売却とその前のリフォームにおいて、これまでと変化はあったのでしょうか。
実は複数の調査において、物件売却の理由や売却における満足度、リフォームに関するコロナ禍の大きな影響は証明されていません。
これには物件売却する側の期待値が下がっていることなども考えられますが、事前に想定していたよりも影響が少ないということが言えます。
このような前提で、物件売却前にリフォームすることのメリットとデメリットを考えると、以前とそれほど変わらないと考えて良いでしょう。

コロナ禍における物件売却前リフォームのメリット

コロナ禍において、事前にリフォームをしてから物件を売却するメリットを見てみます。
まず、リフォームしてから家を売却することのメリットは、早く、かつ高く売れやすいということです。
物件内覧の際は、入ってからすぐの第一印象が大切だと言われています。
リフォームすることでその物件の第一印象が良くなり、購買意欲を高められます。
それにより買い手がつきやすくなり、早く売れることが期待されます。
コロナ禍による経済的な事情などにより、できるだけ早く売却したい方もいるでしょう。
その場合、リフォームによってより早い売却が期待できるかもしれません。

コロナ禍における物件売却前リフォームのデメリット

一方、物件売却前にリフォームすることの大きなデメリットは、その費用が回収しにくいことです。
リフォームするには多くの費用がかかりますが、売却価格が元の売却価格にリフォーム費用を上乗せした金額以上に高くなることはほとんどありません。
また、中古住宅を購入する方は、購入後に自分たちで好きにリフォームしたいと考えている方が少なくありません。
その場合、費用をかけてリフォームしたとしても意味がなくなってしまいます。
とくにコロナ禍において、家での過ごし方はますます多様化しています。
在宅勤務をする家族が多く、各人専用の個室がほしい方もいます。
反対に、家族でのおうち時間を大切にするために、小さな個室より広いリビングを選択する方もいるでしょう。
家に求める機能の多様化により、買い手のニーズに完璧に合わせてリフォームすることは難しくなっています。
買い手に選ばれるためにおこなったリフォームで、反対に買い手の興味を失いかねません。

コロナ禍における売却前のリフォーム費用

コロナ禍における売却前のリフォーム費用

コロナ禍において、緊急事態宣言などによりリフォーム工事が少なくなった会社も多いようですが、タッチレス設備の設置や、家時間の充実のために今後はリフォーム需要が伸びてくるという予測もあります。
そのため、リフォーム費用はコロナ前とそれほど大きくは変わらないという前提で費用を解説します。
リフォームはどのような設備を採用するかによって費用が変わりますが、一般的な工事でかかる費用は以下のとおりです。

●トイレ:10~30万円
●浴室:50~150万円
●キッチン50~150万円
●洗面所:20~50万円
●壁紙(10㎡):1~2万円
●フローリング(6帖):7~9万円
●畳(1枚):5,000~8,000円
●外壁:150~300万円


このように場所によってかかる費用は異なりますが、家全体をリフォームする場合、マンションなら400万円、一戸建てなら600万円ほどかかるのが一般的です。
しかし先ほどもご説明したとおり、家全体をリフォームしたとしても、リフォーム費用以上に高く売れることはほとんどありません。
そのため、売却前にリフォームするのであれば、ポイントを絞って、予算を抑える意識が大切です。
どうしても生活感が出てしまい、家全体の印象が悪くなる場所があるなら、その部分だけを重点的に、最低限のリフォームをおこなうと良いでしょう。

フルリフォーム後の売却で利益が出せるケースは?

なかには「フルリフォーム済」として売りに出されている物件もあります。
個人の売主がフルリフォームしたものもありますが、不動産会社が売主となっているケースが大半です。
その場合は、もちろん利益が出るように計算されてフルリフォームがおこなわれています。
不動産会社は不動産売買のプロであるため、買い取って販売する物件を厳選しています。
また、プロの視点から、必要最低限のリフォームに絞っておこなっているのもポイントです。
どこをリフォームすれば売却において効果的かは、物件によっても異なるため、個人で判断するのは難しいです。
しかし不動産会社には独自のノウハウがあり、リフォーム会社と独自のつながりがある場合も多いです。
そのため、フルリフォームをして利益が出せるケースは、多くの場合は不動産会社がおこなっているものと考えて良いでしょう。

コロナ禍においてリフォームせずに売却する方法

コロナ禍においてリフォームせずに売却する方法

ここまでご説明したとおり、個人の判断でリフォームを決断することは難しいため、まずはリフォームせずに売却するための方法をお伝えします。

ハウスクリーニングをおこなう

リフォームだと多額の費用がかかりますが、ハウスクリーニングなら比較的少額で印象を良くすることが可能です。
とくにプロに依頼するのがおすすめの箇所は浴室やトイレ、キッチン、洗面台などの水回りです。
それらをすべて依頼した場合、35,000円~75,000円程度の費用がかかりますが、個人でおこなうのとは比べ物にならないほどきれいになりますよ。

ホームステージングをおこなう

ホームステージングとは、自宅をモデルルームのように演出することです。
家のなかに家具やインテリア、グリーンなどを配置し、魅力的に演出します。
内覧に来た方が購入後の暮らしをイメージしやすくなり、購買意欲を高めることが期待できます。
専門の会社に依頼することもできますが、費用を抑えたいなら、自分でできる範囲でおこなっても良いでしょう。
明るい照明を設置するだけでも、部屋の印象が変わることもあります。
大型家具は部屋の手前に設置し、余計なものは極力減らして、部屋を大きく明るく見せることが基本です。

インスペクションをおこなう

家の信頼性を高めるのであれば、インスペクション(住宅診断)を受けるのも効果的な手段のひとつです。
費用はかかりますが、家の寿命や、劣化状況などをプロの視点で診断してもらえるため、そこで問題がなければ買い手の安心材料になります。
インスペクションの費用は5~6万円程度が相場です。
オプションを付ければ信頼感は増しますが、費用も上がってしまいます。
必要に応じて依頼すると良いですね。

まとめ

コロナ禍での物件売却前におけるリフォームの是非についてご説明しました。
売却前のリフォームにはメリットもありますが、費用がかかりすぎるなど、デメリットも大きいのが実情です。
基本的に売却前のリフォームは必要ありませんが、見た目の印象があまりに悪い場合や、重要な設備が壊れている場合など、リフォームしたほうが良い場合もあります。
売却前にリフォームすべきか、弊社ではお持ちの物件に応じた回答をさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|事故物件を売却するにはリフォームが必要?リフォーム費用について解説   記事一覧   不動産を遺産分割する4つの方法を解説!調停へ進んだらどうなる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

寺岡 康司 最新記事



寺岡 康司

お客様のご要望に合わせて、最適なご提案をいたします!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

無料査定・売却に関するご相談はこちらから