東日本専用ダイヤル03-6433-5577 西日本専用ダイヤル075-334-5770
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
無休

首都圏・関西の空き家買取TOP > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のスタッフブログ記事一覧 > 家を売却するなら机上査定を依頼しよう!特徴とメリットもご紹介

家を売却するなら机上査定を依頼しよう!特徴とメリットもご紹介

≪ 前へ|住みながら家を売却するメリット・デメリットと内覧成功のコツ   記事一覧   任意売却をする際の税金の課税について解説|次へ ≫

家を売却するなら机上査定を依頼しよう!特徴とメリットもご紹介

家を売却するときに便利なのが、机上査定というものです。
手続きや査定時間に時間がかからないこともあり、これから家を売却したいというかたにもおすすめの方法といえます。
そんな机上査定の特徴や査定基準、さらにはメリット・デメリットについてご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却時に用いる机上査定の特徴

家を売却時に用いる机上査定の特徴

すぐに査定をしてもらえる

机上査定で査定に用いる情報は、不動産に関するおおよそのデータのみです。
そのため、時間をかけずに家の査定をお願いしたい場合には、机上査定がおすすめといえます。
ただし、机上査定で知ることができる価格は、物件が持つ情報からおおよその部分で判断するため、あくまで目安として判断するのがよいといえます。
そのため、一旦は物件の価値を知りたい、というときに使うとよいでしょう。

必要な書類が少ない

机上査定をおこなう場合、調べるのは所有地や築年数、さらには土地面積などになります。
そのため、情報を提供する書類の種類も少ないのが特徴です。
そのほかにも、路線価といった公的な価格も参考対象となりますが、持ち主が法務局などに出向く時間がないということだけでも、メリットと感じるかたも多いでしょう。

これから家や不動産売却を検討しているかた向け

机上査定は、査定に余計な手間や時間がかからない分、本格的に不動産売却を考えているかたよりも、これから検討したいという場合におすすめです。
インターネットから簡単に申し込みができるので、スマートフォンがあれば手軽に行えるのも大きなポイントでしょう。
ざっくりとした相場観を知りながら、どれくらいで売れるのかを探ることができるのもメリットのひとつです。
また、自宅から物件までの距離が遠いかたなどは、どうしても立ち合いでの査定が難しいですが、机上査定であればどこに住んでいても手軽におこなえます。

訪問査定との違い

訪問査定の場合、その土地の大きさや形状などから査定をおこないます。
また、周辺にある建物や前面道路の長さなども大きな査定ポイントとなります。
建物の現状も査定の対象になるため、データから算出する机上査定とは金額に差がでます。
そのほかにも、日当たりや建物の外壁塗装に破損がないかも査定の基準となるため、建物の現状が金額を決めるポイントに繋がるといえるでしょう。
具体的な査定をしてもらえる反面、必要な書類や時間がかかるため、日数に余裕を持って行動する必要があるのが特徴です。

家を売却時、机上査定額で左右する要素や参考値

家を売却時、机上査定額で左右する要素や参考値

過去の成約金額が基準に

査定価格は、不動産会社ごとに所有するデータから、これまでの成約金額を元に算出されます。
同じ場所で成約事例が多い場合などは、査定が優遇される場合も少なくありません。
また、景気の動向なども関係してくるため、売却や査定を依頼するタイミングも重要となります。
ただし、マンションと異なり、一戸建て物件を査定に出す場合、建物の形状が異なるため価格のブレが生じやすくなることも念頭に置いておきましょう。

不動産市場における動向

売却予定の物件がどの場所にあるかによって、相場の変動があります。
とくに人口の推移が顕著な場所ほど、不動産市場に影響がでるでしょう。
都市部のように、若い年齢層が絶えず訪れる場所であれば、比較的安定するといえます。
反対に、過疎化が進むような場所の家は、数年前と比べて価格が落ちてしまうので注意が必要です。
住んでいる場所に自信がない場合には、机上査定だけではなく訪問査定も行っておくと、より具体的な価格がわかるでしょう。

家の間取りや築年数

売却する建物の間取りは、価格は大きく変わる要素といえます。
当然ながら、部屋数が多ければ多いほど、査定額が上がるのが一般的です。
また、建物の築年数は、単純に造られてからどれくらい老朽化しているかを見定める基準になります。
当然、年数=老朽ではないため一概にいえませんが、机上査定は物件を実際に見ないで査定するため、一つの基準として設けられてることが多いです。

周辺に建てられている物件の価格

周辺で販売されている物件の相場、というのも、机上査定をおこなう上での要素となります。
これは、販売中の物件があまり売れていない場合、同額よりも下げないと買手が付きづらいからです
また、新築物件が周辺にあると、どうしても中古物件としての価値が下がってしまい、あまり高い金額での査定が期待できない可能性があります。
もし、周りを見ながらあまり条件がよくない、と思ったときには、訪問査定も併せてお願いしてみるとよいでしょう。

家を売却する際、机上査定で得られるメリット・デメリットとは

家を売却する際、机上査定で得られるメリット・デメリットとは

メリット1 物件の価値をすぐに把握できる

机上査定で得られる一番のメリットは、余計な時間をかけずに物件の価値をすぐに把握できる、という点です。
とくに日中は仕事で忙しいため、家の売却がなかなか進まない、というかたにはうってつけでしょう。
立ち合いによる査定にあまり時間が取れない場合などは、ひとまず目安の価格を知るための方法として利用ができます。
また、机上査定をおこなっている間に、訪問査定の書類を用意する、ということもできるため、とても便利な方法です。

メリット2 家族や親せきに内緒で査定ができる

離婚調停中など、家族に知られないまま、手持ちの不動産に対する価格を知りたい、という場合も机上査定がおすすめです。
査定にかける時間は、最短1日程度でおこなうことができるため、周りの目を気にせずおこなうことができます。
また、相続問題が起きる前に、投資用物件を売りたい場合も、机上査定が便利です。
大まかな相場を知った上で、不動産や家の所有を周りに知られる前にスムーズな売却ができるでしょう。

デメリット1 査定価格と実際の買取価格に差が生じる

机上査定のデメリットとして、査定価格と買取価格に差が生じやすい、という点が挙げられます。
これは、実際に物件を見ないで査定をおこなうため、金額も変動するためです。
電話やインターネットで机上査定を申し込んだあと、訪問査定を依頼した場合、当初の話と物件の内容に大きな差があった、ということも少なくありません。
より具体的な価格を出してもらうためにも、物件の状況も包み隠さず素直に伝えておくことが、価格差を起こさないポイントともいえます。

デメリット2 建物の条件によって金額が変動する

家を売却する際、建物そのものの価値だけではなく、さまざまな要素によって価格が変動します。
机上査定では価格の判断基準が少ない分、査定する側が知らないことも少なくありません。
たとえば、住宅ローンの残額はどれくらいあるのか、といった点です。
公的な書類を集めることでわかることではありますが、簡易的な査定となる机上査定では見分けがつかず、あとで思わぬ減額となることも少なくないでしょう。
また、家を売却したときに得るお金を、買い替えのために使用するのか、というのも、査定価格を計算する基準に含まれます。
このように、売却時の価格というのは、物件に含まれるいろいろな要素を含めた上で算出されることを知っておきましょう。

まとめ

机上査定は訪問査定と比べ、手間が少なく手軽におこなえるのが最大のメリットです。
反面、より具体的な査定価格を知りたいという場合には、どちらも並行して依頼しておくのがベストといえます。
机上査定で得られた情報は、これから家や不動産を売却する場合、一つの基準として見ておくとよいでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|住みながら家を売却するメリット・デメリットと内覧成功のコツ   記事一覧   任意売却をする際の税金の課税について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

西山 紘平 最新記事



西山 紘平

お客様ひとりひとりに寄り添えるような、親身な接客を心がけています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


野洲市吉川の売地

野洲市吉川の売地の画像

価格
380万円
種別
売地
住所
滋賀県野洲市吉川1332
交通
野洲駅
バス14分 吉川 停歩1分

京都市西京区桂清水町の売地

京都市西京区桂清水町の売地の画像

価格
4,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市西京区桂清水町13-3
交通
桂駅
徒歩12分

京都市左京区浄土寺馬場町の売地

京都市左京区浄土寺馬場町の売地の画像

価格
3,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市左京区浄土寺馬場町26-5
交通
出町柳駅
バス8分 浄土寺 停歩4分

奈良市宝来4丁目の中古一戸建

奈良市宝来4丁目の中古一戸建の画像

価格
980万円
種別
中古一戸建
住所
奈良県奈良市宝来4丁目20-17
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

トップへ戻る

無料査定・売却に関するご相談はこちらから