0120-15-1177
営業時間:
9:00~20:00
定休日:
無休

関西の空き家買取TOP > センチュリー21 株式会社グローバル不動産販売のスタッフブログ記事一覧 > 古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?不動産事情を解説

古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?不動産事情を解説

≪ 前へ|京都で不動産売却 売れにくい不人気物件とはどんなもの?   記事一覧   古家付き土地の売却における注意点とは?|次へ ≫

古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?不動産事情を解説

大阪・京都で土地の売却をお考えの方は、古家付きと更地、どちらの方法を検討していますか。

それぞれメリットとなる点を把握することで、自分の土地を有利に売却できる方法を知る事が出来ます。

今回は、古家付き土地と更地の両方のメリットについて解説します。

 

古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?イメージについて


古家付き土地の売却をイメージ


土地の販売と言うものは、買い手側にとってイメージが付きにくい面が多いです。

特に、新居をお求めの方にとっては、参考プランを見ても実物を見ない限りは、陽当たりや住居の大きさなどをイメージするのは困難です。

一方、中古住宅が残っている古家付き土地は、既に建っている状態の家を確認できますので、買い手側が家を建てる目安として役立つケースが多いです。

買い手側にとって、高額となる土地の売買でイメージは重要です

このように、古家付き土地は買い手側のイメージが付きやすい点がメリットと言えるでしょう。

 

古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?リフォームと住宅ローン


古家付きのメリットとしては、他にも幅広い面で活用できる点があります。

不況の現在、土地の販売では、建物を壊すよりいかに建物を有効活用できるかが重視されている傾向にあります。

高いリフォーム技術が望める現在では、中古住宅をリフォーム物件としてプラスに捉える購入希望者は多いです。

 

また住宅ローンの面においても、更地ではローンを利用することはできませんが、古家付きの場合は『土地+住宅の購入』といった形でローンを利用することが可能です。

買い手側にとっては、一括購入ができない場合でもローンを組むことで購入が可能になりますし、あまり頭金がなくても予算を抑えて購入できます。

 

古家付き土地と更地どっちの売却がお得か?更地のメリット


古家付き土地を更地にした


不動産の売買では、資金に余裕がある方は基本的に新築を購入するケースが多いです。

古家付き土地の場合は、取り壊し費用が掛かる為、新築を考えている方にとってはマイナスの評価となります。

そのため、自分が売却する土地のエリアによって、更地で検討することをオススメします。

その土地の周りが、新築購入者からの需要が高いエリアでしたら更地が有利ですし、中古住宅が多い場合はやはり古家付き土地での販売が有利となるでしょう。

 

まとめ


古家付き土地と更地それぞれのメリットについて解説いたしました。

自分が売却する土地が、どのような層から需要があるか理解することで、より有利となる売却が可能になります。

センチュリー21グローバル不動産販売では、大阪・京都で物件、土地の売却を考えている方のサポートを行っております。

大阪・京都で不動産売買などのご相談は、ぜひお気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

≪ 前へ|京都で不動産売却 売れにくい不人気物件とはどんなもの?   記事一覧   古家付き土地の売却における注意点とは?|次へ ≫
  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 会社概要

    株式会社グローバル不動産販売

    • 株式会社グローバル不動産販売京都店
    • 京都店
    • 〒602-8444
      京都府京都市上京区今出川通智恵光院西入西北小路町235
      Googleマップ>>
    • Tel  : 075-441-5777
      Fax : 075-441-5778
    • 株式会社グローバル不動産販売大阪店
    • 大阪店
    • 〒545-0023
      大阪府大阪市阿倍野区王子町2丁目
      1-3
      Googleマップ>>
    • Tel  : 06-6624-3455
      Fax : 06-6624-3456

    国土交通大臣(1)第9112号

  • お問い合わせ
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

無料査定・売却に関するご相談はこちらから