0120-15-1177
営業時間:
10:00~20:00
定休日:
無休

関西の空き家買取TOP > 株式会社グローバル不動産販売 京都店のスタッフブログ記事一覧 > 気付かれずに不動産売却をするには?売却活動の種類や期間を解説!

気付かれずに不動産売却をするには?売却活動の種類や期間を解説!

≪ 前へ|「代償分割」で不動産を相続するメリット・デメリットとは?注意点も解説!   記事一覧   不動産売却で必要な按分とは?計算方法や注意点も解説!|次へ ≫

気付かれずに不動産売却をするには?売却活動の種類や期間を解説!

不動産を売却する際、気付かれずにおこないたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、気付かれずに不動産売却をおこなうためには、どのようにすれば良いのかを解説します。
媒介契約までの流れや、気付かれずにおこなう売却活動、売却にかかる期間についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

気付かれずに不動産売却するには?適した媒介契約を選ぼう

気付かれずに不動産売却するには?適した媒介契約を選ぼう

不動産売却をおこなう際、不動産会社と媒介契約を締結して売却活動をおこなうのが一般的です。
しかし、気付かれずに不動産売却をおこないたい場合は、どのように媒介契約を締結すれば良いのでしょうか。
まず最初に媒介契約の種類や、気付かれずに売却するためにはどの媒介契約を選べば良いのかをご紹介します。

媒介契約は3種類

不動産会社に仲介を依頼する際、3種類の媒介契約から選ぶことになります。
それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

一般媒介契約
一般媒介契約の特徴は、複数の不動産会社と同時に契約ができるという点です。
また、レインズへの掲載が義務付けられていません。
レインズとは、不動産流通機構が管理・運営する、不動産物件情報を掲載しているシステムのことです。
閲覧できるのは所属している不動産会社となり、一般の方は閲覧することができません。
ただし、物件の売主は売却物件のみ閲覧することができます。
そして、一般媒介契約は売主に対する活動報告が義務付けられていないことも特徴です。
また、売主自ら買主を見つけた場合、直接取引することが可能となっています。

専任媒介契約
専任媒介契約は、1社の不動産会社としか契約を結ぶことができないのが特徴です。
また、契約から7営業日以内にレインズへの登録が義務付けられています。
売主への活動報告は2週間に1回以上おこなう義務があることも特徴です。
売主が自ら買主を見つけた場合は、直接取引することが可能となります。

専属専任媒介契約
基本的に、専任媒介契約と似ています。
違う点は、レインズへの登録が契約から5営業日以内、売主への活動報告が1週間に1回以上という点です。
また、売主が自ら買主を見つけたとしても、直接契約することは不可能という点が特徴です。

気付かずれに不動産売却をおこなうにはどの媒介契約?

それでは、気付かれずに売却をおこなうためには、どの契約を選べば良いのでしょうか?
レインズの登録義務という点に注目してください。
一般媒介契約では、レインズの登録が義務付けられていないため、売却活動をおこなっていることを気付かれずに済みます。
専任媒介契約と専属専任媒介契約の場合はレインズへの登録義務があるため、売却活動をおこなっていることが知られてしまうのです。
問題は、「誰に知られたくないのか?」という点にあります。
ほかの不動産会社に売却活動をおこなっていることを知られたくない場合は、一般媒介契約の一択となるでしょう。
しかし、たとえば知り合いや近所の方、会社の方などに知られたくないという場合は、専任媒介契約や専属媒介契約でも比較的安心できます。
不動産会社には情報が流れてしまいますが、広告転載不可とすればホームページやポータルサイトなどに物件情報を掲載することができなくなります。
不動産会社間のみであれば情報が流れても問題ないというのであれば、活動状況を把握することができる専任契約や専属専任契約がおすすめです。
気付かれずに売却したい場合は、一般の方が見ることができる媒体に広告を載せるのはできるだけ避けましょう。
一般媒介契約だと、情報の拡散は早いものの、売却までに時間がかかってしまう可能性があります。
専任媒介契約や専属専任媒介契約では、広告を載せることができなくても、不動産会社が持つ顧客リストのなかから買主を探すなどの販売活動を、積極的におこなってもらえるでしょう。

気付かれずに不動産売却するには?売却活動を検討しよう

気付かれずに不動産売却するには?売却活動を検討しよう

次に、不動産を売却する際、どのような売却活動があるのかをご紹介します。
そのうえで、気付かれずにおこなう方法についてチェックしていきましょう。

不動産の売却活動

不動産を売却する際、まずはレインズに登録して不動産会社に広告活動をしてもらいます。
広告活動によって情報を拡散することで売却スピードがアップしますが、気付かれずに売却活動をおこなうには不向きといえるでしょう。
また、物件広告をポスティングするという方法もあります。
新聞と一緒に配ったり、ポスティングすることになりますが、こちらも多くの方が見ることになるので、気付かれずに売却活動をおこなうことは難しくなるでしょう。
また、一般的な売却活動は内覧希望者に対して内覧をおこないますが、近隣の方に知られてしまう可能性が高く、気付かれずに売却するのは難しくなってしまいます。

気付かれずに売却活動をおこなうには?

上記の方法をおこなうことができないとすれば、どのような方法で売却活動をおこなえば良いのでしょうか?
先ほどもお伝えしましたが、不動産会社の顧客に物件を紹介してもらうという方法であれば、気付かれずに売却活動をおこなうことが可能です。
不動産会社へご相談に来る方のなかには、売却したい方だけではなく、不動産を購入したい方もいらっしゃいます。
そのため、不動産会社の顧客の中にマッチする買主がいる場合は、売却がスムーズになる可能性が高いです。
しかし、必ずしも不動産会社の顧客から紹介できる買主がいるとは限りせん。
顧客から探してもなかなか見つからない場合は、不動産買取という方法もあります。
仲介ではなく、不動産会社が物件を直接買い取る方法です。
もちろん広告活動をおこなう必要がないので、気付かれずに売却することができます。
しかし、相場より2〜3割低い価格での売却となってしまう点がデメリットです。
不動産会社は買い取った物件をリノベーションして再販することを目的としていますので、どうしても価格が下がってしまいます。
しかし、早く売却したい方にとっては、短期間で売却できるというメリットがあるのです。

気付かれずに不動産売却するには?売却にかかる期間を知ろう

気付かれずに不動産売却するには?売却にかかる期間を知ろう

最後に、不動産を売却するまでにかかる期間についてご紹介します。

一般的な売却期間

査定後に媒介契約を締結して売却活動をおこない、買主が見つかるまでにかかる期間は1〜2か月が一般的です。
すぐに買主が見つかったとしても、契約後に買主の住宅ローン審査などで1か月程度かかりますので、売却までの目安として3か月は見ておいたほうが良いでしょう。
また、売却する不動産によっても、売却までにかかる期間は異なります。
マンションの場合は、早いケースで2か月ですべてが完了することもあるのです。
一戸建ての場合は、隣地との境界線が曖昧な場合などは測量をおこなう必要があります。
また、すでに退去済の不動産を売却する場合はスムーズにおこなわれることが多いですが、住みながら売却する場合は引っ越しやリフォームなどで時間がかかることが考えられるでしょう。
どちらにしても、買主が見つからないことには売却できませんので、あくまでも目安として参考にしてください。

気付かれずに売却する場合の売却期間

気付かずに不動産売却したい場合は、一般的な売却より時間がかかってしまうのは覚悟しておきましょう。
自分で買主を見つけた場合や、不動産会社の顧客とマッチした場合を除けば、買主を探すのには時間がかかります。
ただ、先ほどもお伝えしたとおり、不動産買取の場合は1か月程度で売却することが可能です。

まとめ

今回は、気付かれずに不動産売却をおこなう方法についてご紹介しました。
一般的な売却活動がおこなえないこともあり、時間がかかってしまうのは覚悟する必要があります。
また、専任媒介契約や専属専任契約をおこなうことによってスピーディに買主が見つかる場合もありますので、契約方法に関してもしっかり検討して選ぶ必要があるでしょう。
どうしても早く売却したいという場合は、不動産買取も検討してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「代償分割」で不動産を相続するメリット・デメリットとは?注意点も解説!   記事一覧   不動産売却で必要な按分とは?計算方法や注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

西山 紘平 最新記事



西山 紘平

お客様ひとりひとりに寄り添えるような、親身な接客を心がけています。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

無料査定・売却に関するご相談はこちらから